園芸を楽しむすべての人に

道具

手で描くこと

すごい雨です、雷がそこらじゅうに落ちています。

駅から自宅までの道のりが少々不安なnakazyです。

5月にこんなに雨が多いと仕事はもちろんですが野菜が気になります。

キャベツ1ヶ480円なんて事になったらたまりません。

とんかつ屋さんのキャベツ食べ放題が、もやし食べ放題になったら悲しいですよね。

ちなみにとんかつは絶対ロース派です。


ところで私は最近事務所で図面を描く事が多いのですが、

自分なりに手で描く事にこだわっています。

手描きの図面には設計者の思いを線一本一本に込められます。

あったかい表情が出せます。

よく設計事務所時代に先輩方から手で考えなさいと言われたものです。

そして手描き図面の対局がコンピューター、いわゆるCAD図面です。

建築図面はもうほとんどこれです。

確かに便利です。

変更が簡単です。

製図台がいりません。

なんだあ、いいことばっかじゃん。

いえいえ、もちろんCADにも弱点があります。

手紙とメールの違いを考えればお分かりだと思います。
どんなに時代が変わっても、鉛筆やシャーペンは不滅なのです。

ちなみに、僕の使っているシャーペンは、大学時代に購入したロットリング製です。

重さのバランスも良いのですが、なにより赤いワッカがかっこ良くて。

商売道具

鉛筆はステッドラー、色味も良いのですが、なにより青くてかっこ良いのです。

道具は格好と性能で選びましょう。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ