園芸を楽しむすべての人に

よっぺ

               BlueMoon BlueMoon

葉山の一色海岸に行ってきました☆

3年前から毎年この時期になると、ここ葉山の海にきます。

竹で組まれた海の家「BlueMoon」は、カクテルもいただけるし、夜になるとアーティストのライブが観れます。

どちらというとスローライフとかオーガニックとか、アースな匂いが漂う空間ですね。

葉山のとてもキレイな女の人が海風になびいて佇んでいたり、ほんとに癒しな空間です。笑

去年、たまたまLIVEでここで和太鼓を打たせていただく機会がありました。水平線をにらみながら打っていて鳥肌がたったのを覚えています。大きい自然と一緒に打つとすんごい気持ちがいいです。

ときどき、こういう場所に行くことってやっぱり大切だなあって思います。

ただどっと寝てしまい、全身ひりひり真っ赤になっちゃいました~


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

しつこいけどなぜ庭!?6

どつぼにはまってきちゃいました。今日はよっぺ降参の日です。

めんどくさくて読んでる方もいないですよね(^ふ^)

けつろ~ん

大地に根ざす・・・この星に生まれた喜び

労働・・・・・・・・・・・・汗と実体、実感、

普遍的・・・・・・・・・根底にある本当に必要なもの、生かしてくれるものとともに 

つなげる・・・・・・・・家と庭、家と隣人、親と子、世帯と町、現在と次世代、そして心とココロ

庭は人と自然をつなぐ門のような気がします。

宇宙もビッグバンにはじまり今も広がっているように、人々の自然を愛でるココロ、自他を大事に想うココロが庭より派生していくことを願って。

こんなところです。

来週から気楽にやっこくいきまーっす

よっぺ


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

なぜ庭?4 それは・・・

天草諸島をおしだして、水面をきらきら照らす夕日、

苔むした屋久の深い深い森、

風のかたちを浮き出す稲穂たち・・・・

それはそれはたくさんのNATUREに喜びの涙と雄たけびを上げた。

勇気をもらった。

純粋にお返しをしたいと思った。

というより自分もそのNATUREの一部のはずなのに

お返しだなんて横柄だし、偉そうだ。

よっぺ


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

なぜ庭?3

旅は往々にして、点と点でしかない。

いまや肉体の酷使なく世界中を飛び回ることができる。

どんな人でもだ。

映画を見に行く感覚と似ているといつも思う。

自宅から六本木ヒルズまで「ダビンチ・コード」を観に出かけるとする。

私は「ダビンチ・コード」が観たいのだ。

道中は慣れたもので電車で居眠りをする。

六本木に着けばいそいそとスクリーンの座席へ。

2時間の‘旅行’は終わり、

1時間の余韻に浸り、

帰って自宅の布団に寝付く。

1週間もすると細かいシーンは忘れていく。

地から離れれば離れるほど

その旅は

夢のような

映画のようなシーンとなって

人生という無限の闇に「ドット.」として刻まれる。

ドット.の集合体は密になれば‘有’になるけど

それはどこか‘粗’であり、

お互いの関連性や物事の流れ、事象のつながりを見出しにくい。

土地の匂いを嗅ぎ、風に当たり、光を浴び、肉体を活動させ、汗をかきながら行くそれは

道中にこそ深い意味があり、太い線となって地を結ぶ。

汗の数と、筋肉の疲労が

地形を思い起こさせ、

体感と時間の経過が比例して、

よりグローバルな視点で全体を知ることができる。

そして

行く先々で見たこと感じたこと、考えたことなど

諸所の思いが

達成感とともに色濃く蓄積されて

一連の流れとして整理しやすい。

自転車は神経伝達の回路を作ってくれた。

「つながり」はひとを人として成長させる、と思う。

繰り返される呼吸が、生かされている自分を自覚させた。


つづく


よっぺ


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

なぜ庭?2

道中いろいろみた。

 

腰を深々と折り曲げて畑をいじるおばあちゃん。


行き交う車から妹をかばい下校するランドセルのおねえちゃん。


魚のあたまを手早くもぎとる工場の気さくなおじちゃん。


北上してくるサイクリストの挙げるさわやかな腕。


道で毛づくろいするサルの群れ。


高所で馬鹿でかい橋を造ってる馬鹿でかい声のかっこいい鳶オヤジたち。


いつもどこでも守ってくれた旗振る道路警備のおじちゃん。


「族」から身をかくまってくれたウィンドサーファーのにいちゃんたち。


泊めていただいた全国のあったかいおじちゃん、おばちゃん、おねえちゃん、おにいさん・・・・・

 自転車で登って眺める屋久の自然

そんなすべての景色は、

海と、山と、丘と、河と、太陽と、土と、緑の合間にあって、

風の流れでつながっていた。

すべてはつながったひとつの大地の上だった。


つづく


よっぺ


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

なぜ庭?

そもそもなんで造園の仕事をはじめたんだろう。

 

 

建材メーカーでのCADオペレーターアルバイト2年。

某ハウスメーカーと得意契約を結んで、毎日毎日膨大な数の図面を

ベルトコンベアー式に書き仕上げていく。

 

日々デスクに向かってあまり変わり映えのない仕事が続いた。

 

肩は凝って目は悪くなる、9時間室内の空気で生きる。

お金はよかったけど・・・人間関係も悪いところはない・・・

平日は和太鼓少々、土日祝日は買い物、友人とイベントへ、たまに海へ山へ 町へランチへ・・・・・

でも。

 

いつの日か、自転車に乗りたいと思う。遠くへ。

風と一緒に走りたい。

汗かきたい。

叫びたい。

デカク開放されたい。

 

 

目指すは屋久島、野宿で行こう。

気付けば休み時間のネットサーフィンはチャリ探しとキャンプ用品、パーツを買い揃える

毎日になっていった。

 大島

実体と実感を求めて出発した。

心の逃避も同居してた・・・・。

 

つづく

 

よっぺ


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ