園芸を楽しむすべての人に

川崎市宮前区 ナチュラルガーデン 植栽工事

春の陽気は心地いいですね

現在、「プロトリーフ 庭とくらし課」は、

「4/23~5/10」の期間に「玉川高島屋 南館 エントランス」で営業する別店舗の什器を製作中。

今年はデザインから、製作まで担当していますので、是非、遊びに来て下さい

 

今回のお客様は、以前は家庭菜園をしていたが、雑草に悩まされており、

思い切ってお庭に「草花を中心としたナチュラルガーデン」を造りたいとご希望でした。

【施工前】

IMGP1217

 

サクラやハナミズキ、ムクゲ、カキ、ウメなど大きな樹木が既に植えてあります。

奥様はお庭には、土を残したいとご希望されています。

【ナチュラルガーデン 平面図&イメージ資料】

20140408165429_00001

 

植栽環境に合わせてお庭を区画化し、草花は生育環境や開花期を考慮し、

緻密に組み合わせて選んでいます

20140408165142_00001

 

景石を配置したドライガーデンを中心としたイメージパース。

【施工後】

《お庭の全体》

IMGP7716

 

グランドカバーや低木を植栽すると、空間に奥行きが生まれます

 

《枕木のアプローチ&シェイドガーデン》

IMGP7717 IMGP7723

IMGP7725

 

枕木アプローチは別宅まで、歩きやすいように少しづつ高さを変えています。

別宅前の植栽は、クサソテツや八角連、シラユキゲシなど「しっとり」とした印象です

 

《オリジナル立水栓》

IMGP7773

立水栓はご自宅からも見えるように、通常より高く存在感があります。

植栽は紫の花のアジュガや夏に咲く銅葉カンナ、水栓の後ろには新緑が美しいハグロニシキ

《土のアプローチ&広場》

IMGP7765

IMGP7769

 

IMGP7781

IMGP7782

 

曲線を意識した土のアプローチを通って、土の広場に向かいます。

植栽を島の様に配置することで視線が遮られ、「奥には何があるのだろう?」とわくわくしますね

 

《美濃石&日向土 ドライガーデン》

IMGP7755 IMGP7758

IMGP7792

ご主人様は以前、住まわれていた「ニューメキシコ州 サンタフェ」のような景色をご要望。

日向土で土をマルチすることで、乾いた土地のような雰囲気を演出しています

オーストラリアングラスやフェツカ、エリカ、セダムなど、植栽も「乾燥した風土」を意識しています。

 

奥様は「お孫様がとても喜んでお庭で遊んでいる」とおっしゃていました。

「枕木の高さ」や「景石の配置」など、お庭で過ごす時間の安全面も考え、

造ったお庭なので、とても嬉しく感じました

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント