園芸を楽しむすべての人に

稲城市 花壇リニューアル工事

東京は雪雪!雪!!

去年も今年も数年ぶりとか言われながらも、毎年2月には降雪していますね。

雪の枝折れや、耐寒性など植える植栽も、気候に合わせて変化していく必要を感じています!

世田谷でも雪囲いなど見られるようになるのでしょうか?

 

今回は3年程前に、レンガの花壇やスリットを施工したお客様より、

植栽を整えたり、新に追加したいとご要望がありました。

施工前

DSC_0022(編集後)

イメージ スケッチ

20140223144941_00001

 

施工後

unnamed (14)

unnamed (5) unnamed (2) unnamed (4)

スリットや立水栓の周囲を中心に緑化しました。

既存のマホニア コンフューサは向きを変え、スリットの中心にはモミジを移植

下草はコクリュウ、アジュガ、黒色スミレなど黒葉とニューサイラン・イワミツバなど黄斑のコントラストを意識しています。

unnamed

 

コンテナのイロハモミジは、夏の日差しで葉焼けしてしまうため地面に移植し、

コンテナには新に日差しに強く、繊細な樹形のジューンベリーに変更しました

unnamed (8) unnamed (12) unnamed (11)

旦那様、奥様ともにDIY好きのお客様が、枕木の花壇縁を製作していました。

自然石やコンテナなどとジキタリス、ローダンセマム、アーティーチョークなどシルバーリーフの下草を組合せ、

「花壇内を区切ることで遊び心」のある花壇植栽となっています

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント