園芸を楽しむすべての人に

Archive for 8月 2012

和モダン~シンプルな植栽

連日残暑が厳しいですね。みなさん夏休みはいかがでしたか?S.Hです

暑くて働く気も中々おきないと思いますが、そんなあなたに涼しげな施工例をご案内いたします。

       

 

 

 

 

 

 

もともとお手持ちだった、『タマリュウ(マット)』と『御影石(平板)』

を生かして、和モダン風な植栽に仕上げました。

家の窓が低い位置についており、そこから枝も見えますので、

季節の移ろいを感じてもらえればと思い、『コハウチワカエデ』の株立ちを植栽。

庭石に『根府川石』の明るめな石を配しました。

タマリュウのマットを敷き詰め、ポイントとなる石の前に『斑入りツワブキ』を1ポット、アクセントに植えつけました。

ほんとは平板は使わなくてもよかったのですが、ピンコロ石の部分が隣地境の為、家の裏側に通れるように、据え付けました。

 

お庭工事や、外構工事、マンションバルコニーの植栽~店舗のエントランスの植栽プランなどなど、東京都、神奈川県一円の地域

の方でしたら、お見積り、プラン資料作成は無料で承っております。(あくまで施工をお考えの方を対象にさせていただいております)

木の植栽は1本から受け付けております。まずは『プロトリーフ庭とくらし事業部まで』お気軽にご連絡下さい。S.H

 

プロトリーフ庭とくらし事業部http://www.protoleaf.com/home/garden.html?view=album


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

玄関前花壇とウッドフェンス

🙂 お盆休みも後半にさしかかってきました。皆様いかがお過ごしですか 🙂 S.Hです。

暑い日々が続きますが体調管理はしっかりと行って下さいね。 😎

さて今日は『玄関前花壇植栽』と『ウッドフェンス』をご紹介いたします。

        

 

中国砂岩石『K1』の小端石を積んで花壇にしました。メインツリーに『エゴノキ』の株立ちを植え、まわりには色とりどりの下草を植栽しました。

今日は珍しく作業風景を撮ったので、UPします。 😕

 

測量後に、まず下地に砕石を敷き『タンパー』といったスタンプ型の

鉄でできた道具や、『たこ』と言われる木製の道具などで、

石を積む場所の地面を踏み固めます。

 

         

延べ板のような厚さや長さの違う『小端石』を積んでいきます。写真のようにモルタルをのせて、時折『水平器』

で石の左右の水平を見ながら、小端石を積んでいきます。

その積み手の職人さんによって、感覚は様々です。その為同じ仕様のものでも、目地の微妙な広さや、石の使い方で

仕上がりに差異がでてきます。

時折、『バカ棒』と言われる、面のまっすぐな棒を用い、その上に『水平器』を置いて、

手前と奥の高さの水平を見ます。

一定の規則性の中で、自然石の良さを出しながら、大きさの違う石をランダムに積み、

統一感のあるものに仕上げていく。

職人さんの腕前が問われます。

手前に養生を敷きながら植えこみをしてます。 丹精込めて植えてます。:-o

そして完成となるわけです。 😀

 

続いてウッドフェンスです。

      

 

            

今回はカナダ産の米杉材『レッドシダー』を使用。経年劣化軽減の為、笠木を付けました。

板目地は3cmで、横板貼り。板は1×4材、柱は4×4材、笠木は2×6材で、防腐塗料は『キシラデコール』のウォルナットです。

ブロックの上から立ち上げているのですが、鉄筋が入っているとはいえ、10cmブロックの為、

今回はシンプソン金具の箱型の金具を使用しました。

全長がL型のラインで立ち上げているので、ストレートで立ち上げているものよりも、強度が高いのですが、

強度に問題があるので、控え柱を始まりと、終わり付近に立ちあげました。

最初はお客様もデザイン的に嫌がっていらっしゃったのですが、出来あがってみると、ハンギングを下げるのにちょうど良かったです。

 

また次回をお楽しみに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ウリン材デッキ&砂岩テラス『安らぎの空間』

今日は以前に施工しました。『ウリン材のデッキ&砂岩石テラス』の空間をご紹介します 🙄

            

 

          

きっかけはお施主様がご持参いただいた、1枚のガーデン雑誌の切り抜きが始まりでした。

石張りのテラス空間に何種類かの樹木が混植された安らぎの空間の写真でした。

今回は既存の米栂材のデッキの腐食が進んだ為、それを撤去し、

船の甲板などで使われている、ウリン材を使ったデッキを敷設しました。

腐食に強く、高級感のある質感が魅力です。

植栽はグリーンコーンや、スカイペンシルといった樹木を混植し、立体感を出しました。

コンテナは合金を格子状にした『グリーンカルバート』に化学繊維の不織布を使用しました。

 

      

 

       

そしてデッキを降りると、ピンクベージュ色の優しい色合いのインド砂岩石のテラスが広がります。

ジューンべりーや、シマトネリコをコーナーのポイントに使い、植栽しました。

また隣とのパーテーションにはレッドシダー材の横板貼りフェンスを入れました。既存のブロックに汚れが目立ってきたので、ジョリーパットの校倉を塗布、

空間を明るく仕上げました。そして空間を広く使うために、既存ブロックの上に、柱脚金物を立て、フェンスを立て込みました。

今回はここまでです。また次回をお楽しみに 😀

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

~和洋折衷~ 季節を感じる庭

最近は暑い日が続きますね(^O^)/
皆様いかがおすごしでしょうかS.Hです。
少し現場の忙しさも落ち着いてきましたので、
これからは定期的に今まで撮り貯めた施工画像を
少しづつ紹介していきます。
今日紹介しますのは世田谷区のM邸です。
1階のテラス周りのお庭は家の外観に合わせて、イギリスのコッツウォールズストーンを使用して花壇を設けた、自然風庭園に仕上げました。
またテラス前には姫リンゴの木をエスパリエ仕立てにしました。(実のなるもの貼りつけにする仕立て方です。フランスでブドウの木などを仕立てたのが元の由来だそうです。)

     

 

 

    

元々植わっていたカバノキや、ミカンなどを生かしながらも、モミジや、ナツハゼなどの季節を感じる落葉樹や、宿根草などを植栽し、情景をつくりました。

またテラスの先へ続く階段を下りると、そこには小さな茶庭スペースが広がります。
奥様がお茶の先生をしてらっしゃるので、こちらの物件をお買い上げの際に
リフォームして、お茶室を設けました。

           

四つ目垣で、結界を作り、蹲、手桶石などを裏千家に基づいて据え付けました。
実際着物を着られてかがんだ時に使いやすいかどうかを出来る限り考慮に入れて、配置しました。

 

また次回お楽しみに。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

緑に囲まれた家の植栽

今年は現場に携わる機会が多くて、日に日に黒くなりつつあります

腕と顔だけ日焼けしていて、体と足は真っ白で…毎朝、洗面所で「パンダかよ」って呟く日々です

 

今回は横浜中区にて、ご自宅の周囲全体の緑化を担当しました

玄関前の植栽

 

赤いタイルとポストが印象的な壁面の後ろから、

樹形を生かしたツリバナが「こんにちは」と、涼しげに顔を出している

背景の壁面とウッドフェンスを上手く調和しとても良い雰囲気です

 

立派な樹形のジューンベリーの足下には、

斑入りで明るい印象のニューサイランやシルバープリペットと、

季節を感じるカシワバアジサイなど変化のある樹木をバランスよく配置

 

日当たりの良いコニファーが植えてあった花壇には、

ハーブを中心に宿根の草花やアクセントに銅葉のコルジリネを植栽

また、3箇所全てに銅葉の植物を使用する事で統一された空間となっています

 

アプローチ 施工前

アプローチ 施工後

  

半日陰の植栽スペースには、マホニアやアジサイ、ヤマツツジ、ニンジンボク パープレアなどの花木と

ギボウシやアガパンサス、リシマキア、アジュガなど日陰でしっとりとした印象の下草に加え

クレロデンドロ、ミゾハギなどの季節の草花も…

お子様の目線を意識して低木と下草が満載のアプローチは、季節によって表情が変化します

毎日、違う発見ができて、いつも通りたくなるような空間を目指しました

 

中庭の植栽

 

芝生が美しい中庭は、デッキ横のオカメザクラを中心にシンプルな植栽

セイヨウニンジンボクやアナベル、フェンス際で植栽が難しい空間にはキョウチクトウの矮性種、

内側にも枝が伸びるように、株立ちのアメリカリョウブやハナズオウ フォレストパンシーを植栽しています

 

傾斜の花壇 施工前

傾斜の花壇 施工後

 

外側の傾斜のある花壇には、枕木と赤ボサ石を使用し空間に流れを生み出しています

グランドカバーのクリーピングタイムと下草、樹木を組み合わせる事で高低差を生かしたデザインとなっています

トキワヤマボウシやアカシデ、シロモジなどは斜めに植栽し立体的なイメージ

下草にはカンナやクルクマなど南国を思わせる花とセージ類やローズマリーなどを中心に植えています

 

傾斜の植栽画像

  

  

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ