園芸を楽しむすべての人に

庭木界のピカチュー

今日は午前中のまだ日差しの弱いうちに、自宅の庭先の除草をしていました。お隣のアパートとの境に植わっている薔薇の株元のグランドカバーを整理していると…   
チカッ!!と鋭い痛みが指先を走りました。切り取っていた蔓の先には体長3㎝はあろうかという丸々と太ったヒロヘリアオイラガが何匹もしがみついてるではありませんか!?
薔薇の葉は、ムシャリ、ムシャリと食べられ痛ましい姿に…

さっそく近所で浸透移行性のある殺虫剤を買い、噴霧しました。ところで見た目は愛嬌一杯のこのイラガちゃん、どんな生態をしているのでしょうか?
チョウ目イラガ科の昆虫で、4~10月に発生します。
主にに本州(関東以南)・四国・九州・沖縄に分布します。
もともとは中国南部、インド、ジャワ島などに分布する南方系の種類が、1960年代以降に帰化して日本中に分布を広げています。繭の状態で越冬し、5月に卵がうみつけられます。冬季に幹の隙間、株元にいる繭をいち早く捕殺するのが防止策のようです。

オカメヅタに付いてました

繭の抜け殻

成虫(結構綺麗ですね)
とにかく結構痛いので、食害されている葉を見つけたら付近に毛虫さんたちがいる可能性が高いので、皆さん刺されないように注意して下さいね。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント