園芸を楽しむすべての人に

秋なのにさくら情報

皆さん桜を見ていてフときづいたことありませんか?桜の下に雑草が生えていないものがあることを・・・。桜は非常にデリケートな樹です。根っこが酸素を好む木である為、根っこの深さが浅い位置にあります。と言うことは移植には不向きな木です。しかも根っこのうえの土を踏み固めたりしたら、たちどころに、木が弱ってしまったりします。昔は『桜守り』といった桜の地面をも守る為、囲いを立てて、見守る仕事をしていた人も居たようです。そのように桜の根っこの上はデリケートな部分なんですが、なんと!全種類ではないんですが、桜の葉の苦味のある成分が、除草の作用があるので、邪魔な雑草をからしてしまう効果があるそうです。植物のそういった、永い間に自分を守るため、進化していく生命力の強さはス晴らしと思いませんか?。ではまたS.H


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

造園業・植木屋 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント